安鎮神法総説
5a55d8b0c8f22c0273000a19

安鎮神法総説

¥5,000 税込

送料についてはこちら

安鎮神法総説(あんちんしんぽうそうせつ) 商品情報 --------------------------- 著者 紫龍仙真人(しりゅうせん・しんじん) 四六判/104頁/新組/上製/函入 定価5,000円(税込・送料奉仕) 死後の神判はどこで下されるのか? 人は帰幽(きゆう)すると現住地の産土神社の幽宮(ゆうきゅう)で在世中の善悪の取り調べを受ける。この後、万霊司籍府(ばんれいしせきふ)へ移送され、最後の神判を受けてしかるべき幽界に送られる。 商品の説明 ---------------------------  紫龍仙には残念ながら2冊の著作しかない。  1冊が『修道の玄意』で、もう1冊が本著『安鎮神法総説』(あんちんしんぽうそうせつ)である。   宮地水位仙同様、紫龍仙もある目的をもって神仙界から地上に送られてきた謫仙(たくせん)である。  その紫龍仙が、死後の霊魂の行方の要点を示してくれた。『修道の玄意』と内容が重複するところもないではないが、こちらは主に死後の霊魂の行方と先祖供養を中心に説かれている。図説もまじえて、わかりやすい口語体の文章である。  まずは主要目次を御覧あれ。各家庭での先祖供養の基本と万霊供養の玄義が示されている。『修道の玄意』と相補う関係にある。 主要項目 --------------------------- 幽真界の略図 万霊への食事の供養 祈念詞 幽魂向上安鎮総説(注:総説であって、秘伝は含まれていない) 無縁霊供養の功徳 安鎮神法の玄義  修法上の心得 諡名(おくりな) 忌服期間中の心得 慰霊追祭式 その他