手のひら療治を語る
5a55e1a6428f2d3f2a000d98 5a55e1a6428f2d3f2a000d98

手のひら療治を語る

¥2,700 税込

送料についてはこちら

手のひら療治を語る 商品情報 --------------------------- 著者 江口俊博(遺稿集) 編纂 宮崎五郎 B6判/全300頁/復刻版(新組)/並製/たにぐち書店刊 定価2,700円(税込・送料奉仕) 掌(たなごころ)には万病を癒す不思議な力がある。それを〝手のひら療治〟という。名著、復刻成る! 商品の説明 ---------------------------  手のひら療治は手当療法の一つである。  臼井霊気療法を学んだ旧制甲府中学校長の江口俊博は、やがて手のひら療治を提唱する。  その門下の三井甲之らによって手のひら療治は広く普及され、1928年(昭和3年)、〝手のひら療治の会〟が結成された。  江口俊博、三井甲之と続く流れは、歌を詠むことで精神性や悟りを深めるわけであるが、それでこそ掌(たなごころ)が持っている不思議な力がますます生き生きとしてくるという哲学なのである。江口の娘婿でもある宮崎五郎も療術家でもあり、これまた歌人でもある。  この書は、江口の遺した文献、書簡、備忘録などを中心に据え、そこに寄稿文などを加え、それを娘婿の宮崎が再編集して復刻したものである。日本の手末(たなすえ)の道、敷島(しきしま)の道の揺籃期からの歴史と療治の秘訣がこの書にこめられている。  『手、その奇跡』も御覧いただきたい。 主要項目 --------------------------- 江口俊博先生を憶う(西田天香) 一燈園と手のひら療治(西田天香) 手のひら療治展望(宮崎五郎) 手のひら療治の歌 手のひら療治の趣旨/たなそこの力実施例 たなそこのしらべ 手のひら療治実施法 治療の順序 手のひら療治を広めるわけ 修行する方の心得 たなすえのみち手引き 手当のしかた 食養雑談 生命を支える生命 例会に出席する効果 医者のいない村を医者のいらない村に 語録伝・わが経歴 父と私(宮崎美代子) 江口俊博先生の霊前に(三井甲之) 三井文献解説(宮崎五郎) あのミチ、このミチ、師匠のミチ 優先順位の選択意志 手のひら療治の海賊版 一波万波の海賊版 遠隔治療の基礎的条件 増補七版出版の経緯(宮崎五郎) 下座奉仕の経済学 手のひら療治海賊版の決着 画竜点睛 五大秘伝と五大急所 その他