DVD
DVD【相曽誠治・講演 15】大嘗祭の本義と産土信仰の神髄
5a895acbf22a5b2f3e0022c3 5a895acbf22a5b2f3e0022c3 5a895acbf22a5b2f3e0022c3

DVD【相曽誠治・講演 15】大嘗祭の本義と産土信仰の神髄

¥12,000 税込

送料についてはこちら

相曽神道の神髄がここに。大祓詞秘言も収録。 DVD【相曽誠治・講演 15】大嘗祭の本義と産土信仰の神髄 商品情報 --------------------------- 講演 相曽誠治 DVD3巻組・全4時間28分・平成元年収録・低画質 定価 12,000円(税込・送料奉仕) ※鑑賞には差し支えない。 商品の説明 ---------------------------  相曽誠治(あいそ・せいじ)は1910年、静岡県で生まれる。幼少のころから霊通があり、青年期には既に神道研究の道に足を踏み入れていた。  戦前の無神論的な皇国史観にあきたらず、独学で鎮魂(ちんこん)、言霊学、日拝法(にっぱいほう)、サニワの技術、フトマニなどを修得する。  戦後は大本教などの新興宗教の勢力拡大に警鐘を鳴らし、日本古来の純正神道を広く啓蒙した。戦後、日本の伝統文化を守る〝和の会〟を主宰したが、あまり世間では注目されなかった。とは申しても、その支部は東京、静岡、大阪、三重、福岡などにも広がり、多くの門人がその謦咳(けいがい)に接する。  昭和天皇の崩御(ほうぎょ)のころから相曽が説く日本伝統文化とサニワがにわかに脚光を浴びだし、平成元年から5年にかけ、全国各地で講演会が催された。  小説家の佐藤愛子と相曽とが親しく交流したのはこのころのことで、佐藤の『私の遺言』では相曽が稀代の霊能者(神道家)として紹介されている。  ここで紹介するDVDはそのときに収録されたビデオ・テープをDVDに変換したものである。そのうちの四回分は家庭用の機材で収録されているために画質の点では自慢できたものではない。が、鑑賞にはまったく差し支えない。  ◇この作品は、特に日拝鎮魂法(にっぱいちんこんほう)について詳しく解説してある。  ◇また、相曽誠治著作集全2冊に文章化されて収められている。 内容詳細 --------------------------- 大嘗祭がねらわれている/天皇制に対する批判/世上でささやかれている大嘗祭論/大嘗祭を漢字読みしたために起きた悲劇/オホニアヘマツリを言霊で解釈する/大嘗祭の秘儀/勾枕神事/悠紀の節会・主基の節会/天神寿詞/マツロフを言霊で解釈する/内宮風日祈之宮/太陽黒点の発達と生命の神秘/スサノオノ命が荒れる理由/日本の巨石文明を発見した荒深道斉/宮地厳夫の世界太古史/太陽光線の効用/古代オリエントの太陽信仰/水野南北が井上正鉄に伝授した日拝の秘訣/学界では有神論は排斥される/ユダヤの誤算と失敗/シラヒト・コクミの解釈/トホカミエミタメの発声方法(実地指導)/内宮にはダビデ紋はない/太陽神の世界での呼び名/一霊四魂の詳細解説/神界霊界の概略/大本教の鎮魂法/産土信仰/霊障とは/天狗界とは?/その他、日拝あり。 ※以下の相曽著作に文章化されている。 「超古神道Ⅱ 言霊と太陽信仰の神髄」